2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 忘れんゾウ | トップページ | 成形練習とビスコッティー »

2017年3月12日 (日)

もう、ごめんです。

【東日本大震災追悼】チビが溺れた日

離れ離れになった飼い主さんとわんこが再開したのを周りの人が温かく見守っている場面

とか

わんこを助ける様子に拍手が送られてる場面

とか

でも

こっちが現実なのかな…?

と思うと、たまらなすぎる。

« 忘れんゾウ | トップページ | 成形練習とビスコッティー »

コメント

青空もこれ読みました。テレビでも放映されてました。
そうだね。あの津波に繋がれたまま無残に命を落とした子が星の数ほどいたんだと思う。
この子の飼い主さんは 今も自分を責め続けているとおもいます。

青空は「力が及ばない」と判断した瞬間、人がなんといっても、リードを外してあげようと決めています。
その時になって迷わず実行できるように、今から、硬くきめています。


あの災害から
すこしは
優しくなってきているのか?
それも疑問ですが
目の前で
愛する、家族を流される
ましてや
悲鳴を…

辛すぎますね。
それでも
チビちゃんは責めてはいないと、思います。
だから
飼い主さん
自分を責め続けることから
解放してあげたいですね。

動物も
皆家族
これからも災害はあると思う
だから
自分達もちゃんと考えないといけませんね。
ご冥福祈ると共に
悲しみ、哀しみが
すこしでも癒されますようにと
祈ります。

コメントありがとうございます。

☆青空さん
テレビでもやってましたか。
ある方のブログで、初めて知り、愕然としました。
よくも、こんなこと言ったな と思う反面
やむを得えず、つらい思い だったのかなとも思ったり。
あの震災がなければ、せめて津波がなければ…。
こんなつらい思いをした動物たち、飼い主さんが五万といたのでしょうね。
リードを外してあげる…大事だと思います。
瓦礫の上で救出してもらったわんこのように、僅かかもしれないけれど生きられる可能性がある。
「その子の命は諦めなさい」と言った人がいる。
それなら、リードを外して何が悪い
「上にはあげられません」と言ったその人は、今、どんなことを考えて、どんなふうに生活してるんだろう。

☆ベス母さん
どうなんでしょうね…。
なんか
日本人って「のど元過ぎれば…」の典型のような気がするのです。
その時
その場にいて
その様子を見ていた人たちは…
どんな思いだったんでしょうね。
ほんのちょっと想像するだけで堪りません…。
もう、こんなことはまっぴらごめんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れんゾウ | トップページ | 成形練習とビスコッティー »