2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« あなたなら どうする? | トップページ | うーん »

2011年5月10日 (火)

まさかの純血

コ:「こんばんわん。コージィでちゅ。」

まさかの純血

先日、笑顔で登場し、鬼っ子点々から逃げまどう様子を紹介された、両親の愛息コージィ。

ラブと甲斐犬のmixとして紹介しました。

もっちろん、両親も、センターから、そのように紹介されていたのです。

「甲斐犬の血が混じってるんなら、そう簡単に気を許さないんじゃない?」

霊園の方にコージィの話をした時、そう言われました。

「そうだよねぇ。でもね、この子はラブの血が勝っちゃったみたいなの。」

なんて答えていたマロ点。

まさかの純血

んが…

先日、セカオピの病院に連れて行った時に言われたんだそうです。

「お珍しい。プロットハウンドですね

ぷろっとはうんど…何だ?そりゃ。

速攻、ネットで検索した母。

その結果を、電話で報告してきました。

「あのね、アメリカの猟犬だったわ。ページ開いたら、コージィのそっくりさんがいっぱいいたの。でね、従順で誠実で賢くて穏やかなんだって。」

ふむふむ…納得。

誰でもOK。カモ~ン♪…な、良い子だもん。

「でさ、心疾患や、運動しすぎによる関節疾患になりやすいんだって。」

心疾患&関節疾患…

猟犬という言葉からは、何とも想像しにくい。

どうやら、賢すぎて、可愛がられていなかったりすると、そのことを敏感に察知しすぎて心を患ってしまうらしい。

で…人とかには当たらずに、自虐行為をするんだそうな。

さらに、このプロットハウンド…意外に臆病な子が多いらしくて。

臆病→鉄砲の音とか怖い→猟犬としては失格→必要とされない→寂しい・悲しい→心疾患 となるみたい。

コ:「ボクも さみちかったの…」

まさかの純血

コージィ…

ガラスのハートを持っていたのね。

大丈夫。

そこにいれば、イヤになるくらい可愛がってもらえるよ。

« あなたなら どうする? | トップページ | うーん »

コメント

プロットハウンド。初めて聞きました!
お母様もさぞビックリしたでしょうね。繊細な性格なんですねー。でも良い出会いが出来て、コージィちゃんも幸せですね(^-^)
私が飼っていたワンコも普通の柴犬だと思って飼い始めたのですが、何だか大きくならず、しばらく経ってから実は豆柴だって事が分かりました。ご飯が少ないから大きくならないのかと心配してたくさんあげてたから太った豆柴になりました(笑)

ほんと 穏やかで優しそう。
猟犬って感じより癒し犬って感じ。
良かったね 猟をする人に飼われなくて。
私も検索したら コージィちゃんがいっぱい出てきたよ。
大もね、コーギーって牛おい犬何だって。
ボーダーコリーの様に牧場に放している牛を集めるの・・・。
でも 大は家に飼われて良かったよ。
牧場じゃ 役立たずだったとおもうよ。
主人は イギリスの王室のペットがゴーギーだそうで
大の祖先は 王室にいた犬だと言ってます。
そう しときました。
マロ点さんの御両親は娘が遠い所にいるから
その分も コージィちゃんを可愛がりまくってるんじゃないの。

JOEさん♪
あはは~
コロコロになった豆ちゃん、見てみたかったですぅ。
マロ点は「動物はコロンとしていた方がかわゆい」派ですが…ダメなんですよねぇ
プロットハウンド…優しい故に「役立たず」と棄てられちゃう子も多いらしいです。
兵庫とかなのかな…あっちの方では結構知られているわんこなのかなぁ。
「プロットハウンド…里親さん募集」って、結構見かけました。
ホントに穏やかで不器用で愛すべきわんこです。

大ママさん♪
優しそうでしょぉ
ホントに可愛いんですよぉ
抱っこしたくても大きすぎて、ビクともしないのがたまにきずです。
猟犬としては…全く役に立たなさそうです。
音の鳴るおもちゃにびびって部屋の隅っこにいたり、散歩の時の熊よけ(だったかな?)の笛に飛び上がったり…。
ひょっとしたら、音に関係するトラウマがあるのかも知れません。
大ちゃんは牛追い犬ですか
うーん…想像できませんねぇ。
大ちゃんもコージィも…チョウチョなら追いかけてそうかな?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさかの純血:

« あなたなら どうする? | トップページ | うーん »