2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 嬉しすぎること | トップページ | 天使 »

2011年2月21日 (月)

ご紹介

ご紹介
じゃーんshine
まろんさん
パピらしいフッサフサの美しい毛並み
ちょろりん♪と出た舌
キュートなウィンク
たまらんっlovely

でも…この美しい毛並みになるまでに、たくさんの時を必要としました。
そして…ちょろりんも、ウィンクも、まろんさんが望んだことではありません。
まろんさんは、2010年の3月に廃業ブリーダーからレスキューされたのです。
痩せっぽっちで毛はゴワゴワ、皮膚は酷い状態、歯はボロボロ、左目は角膜が萎縮してしまっていたそうです。
可愛い「ちょろりん」は歯がないから、可愛い「ウィンク」は目を閉じる手術をしたからです。


えっ…こんなことって…。
呆然としました。
たとえ「商売道具」扱いとはいえ、酷い環境の中に命を閉じ込めて、どんな姿になっても何とも思わなかったであろうブリーダーさんが不思議でした。
どんな心を持って、どんな生活してるんだろう…不思議でした。
こういう人達…いっぱいいるんだそうですdespair
ってことは…酷い生活を強いられてるワンの数は…。
ゾッとします。

まろんさんは、十分苦しかったのに。
だのに「ラッキーな子」なのです。

« 嬉しすぎること | トップページ | 天使 »

コメント

本当に世の中には ひどい話があるものです。
でもその劣悪な環境の中 必死で生き抜いてきた
まろんちゃんや他のワンちゃんなんでしょうね。
みんなの生命力とレスキューされた 今のママさん
その仲介をされてる方々 いろんな方の力で
まろんちゃんは 今を生きてるんでしょうね。
残されたおめめが とても愛くるしいですね。
今は 幸せだよと物語ってますね。

わたしも5年前に ヨーキーレスキューの話を知った時かなりの衝撃と悲しみが襲った事がありました。
幸せになった子たちの姿に安堵していました。
でも 飼い主さんたちは その後も 実は日々努力をされていたんですね。
綺麗な毛並みとかわいい顔のまろんちゃんなのに 涙が出てしまいます。
残された人生が 幸せの保証付きだったことが 救いです。
マロ点さん いいお話をありがとう。 

大ママさん♪
ホントに信じられない地獄があるものですね…。
まろんさんは幸せになれたけど…地獄でただ生きているだけの子がどれだけいることか。
動物愛護後進国・日本…恥ずかしい名前をいただいてしまったものですweep
まろんさん…閉じたお目目で見てきたものは過去の地獄。
右目で大好きなご家族と楽しい景色だけを見ていってほしいです

切ないですよね。
救っても救っても…なんぼでもいるんだそうですweep
どうしたら、こんな狂った状況を無くせるのでしょう。
いつか私も「幸せの保証書」を渡したいと思っています。

りゅうママさ~ん;
お名前を書き忘れましたsweat01
ごめんなさいsweat02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1465224/38960693

この記事へのトラックバック一覧です: ご紹介:

« 嬉しすぎること | トップページ | 天使 »